メイン画像

パール・マレットステーション よくあるご質問

タグ:

パール EM-1「マレットステーション」  FAQ ~よくあるご質問

 

 

malletSTATIONのバーを叩いてからスピーカーやヘッドフォンの音が出るまでに時間差があります。直す方法はありますか?

 

コンピューターによっては、搭載されているサウンドカードがオーディオ用として理想的とは言えない場合があります。レイテンシーに問題がある(スティックやマレットでバーを叩いてから音が出るまでの時間差が気になる)場合には、ソフトウェアのオーディオ・バッファーの設定を確認するか、あるいは外部のUSBオーディオ・インターフェイスを使用する必要があるかもしれません。この手の音遅れの原因はmalletSTATIONではなく、オーディオ機器やソフトウェアにあります。これらの調節については、機器やソフトウェアの製造元に問い合わせてみてください。

 

malletSTATIONを接続したのに音が出ません。どこが問題なのでしょう?

 

malletSTATIONはMIDIコントローラーで、これ自体が音を出すわけではありません。MIDIメッセージを送信して、ソフトウェアやハードウェアの音源をコントロールするためのものです。この違いは些細なように思われるかもしれませんが、きちんと理解することが大切です。

MIDIメッセージに対応するオーディオ・ソフトウェアを立ち上げてみてください、ソフトウェアによっては、そのまますぐにmalletSTATIONが使えるかもしれませんが、接続されたMIDI機器に反応するように、アプリを適切に設定する必要がある場合もあります。その場合は、ソフトウェアの取扱説明書を参照してください。

 

複数のmalletSTATIONを同時に使用できますか?

 

トラック数に余裕があれば、複数台使えます。個々の機器は、プリセットを互いに異なるMIDIチャンネルに設定するか、あるいは互いに異なるノートやコントロール・メッセージを送信するように設定して、あらかじめ混乱を避けておくのが良いでしょう。とはいえ、ほとんどの音源では、多くのMIDI機器を接続するとレイテンシーの問題が発生する可能性が高くなるので、malletSTATION の同時使用は1台の音源に対して2~4台にとどめておくことをお勧めします。

 

malletSTATIONを使うにはコンピューターが必要ですか?

 

別売りのKMI MIDI Expanderを使えば、5ピンMIDI端子を持った機器ならどれでもMIDIメッセージを送信できます。USBホストとMIDI Expanderは同時に使用できます(どちらにも同じデータが送信されます)。

 

malletSTATIONの演奏には、どんな器具が使えますか?

 

malletSTATIONはマレットやスティックなど、お好きなもので演奏できます。

 

malletSTATIONから予期せぬメッセージが送信されます。どこが悪いのでしょうか?

 

malletSTATIONは、電源を入れた時の姿勢を同じに保ったまま演奏してください。また、malletSTATIONは電源投入時に自動的に本体のキャリブレーションを行うので、上に何か(マレットや譜面、ヘッドフォンなど)が乗っていると、キャリブレーションが狂う恐れがあります。ですから、電源を入れる時には上に何も乗せないようにしてください。

 

モバイル機器はどうやって接続すれば良いのでしょうか?

 

iOS機器を接続する場合は、Apple社製のライトニングto USBカメラアダプター(USB/Lightningアダプター)をお勧めします。Android機器にはUSB OTGケーブルをご使用ください。

 

 

malletSTATIONをコンピューターに接続しても、電源が入りません。

 

1. USBケーブルを交換する

まず、USBケーブルを交換してみてください。できれば、きちんと使えることがわかっているものが良いでしょう。ケーブルに問題があると、様々な誤動作(不安定な接続やメッセージの欠落)が起きたり、全く動作しなかったり(電源さえ入らない)します。ですから、USBケーブルは常にmalletSTATIONに付属のものをお使いになるよう、お勧めします。残念ながら、どのUSBケーブルでも同じ品質で製造されているとは限りません。

malletSTATIONの電源関係やコンピューターとの接続で問題が起きた場合は、malletSTATIONに同梱のUSBケーブルをお使いかどうか確認してみてください。

 

2. 別のUSBポートに差し替える

コンピューターの別のUSBポートに差し替えてみると、正しく接続されることがあります。稀な例ですが、特定のUSB機器と相性の悪いUSBポートが存在します。

 

3. 外部電源を使用しないUSBハブを避ける

外部電源を使用しないUSBハブは、malletSTATIONに十分な電力を供給できず、接続の問題を起こす場合があります。外部電源を使用しないハブは、コンピューターのUSBポートから供給される電源で動作し、その電力はハブの全てのUSBポートで分け合うことになります。そのため、こうしたハブにmalletSTATIONを接続しても、コンピューターに直接接続した時のような電力が得られません。どうしてもハブを使用する必要がある場合には、外部電源を使用するハブをお勧めします。

 

4. ハブを使った場合と使わない場合を比べてみる

USBハブを使用して接続の問題が生じた場合には、ハブを使わずに機器を直接コンピューターに接続してみてください。また、それとは逆の場合もあり得ます。USBハブを使わない状態で接続の問題が生じた場合には、ハブが手許にあれば、それを使って試してみてください。

 

5. OSや他の使用機器に問題が無いかどうか確認する

malletSTATIONが原因である可能性も否定はできませんが、多くの場合はOSやソフトウェア自体に問題があります。これらの問題にも常に注意を払い、他の機器やソフトウェアの製造元に問い合わせてみてください。

 

6. 別のコンピューターに接続してみる

malletSTATIONを接続してもコンピューターが全く反応しない(しかも、他の可能性を全て確認しても問題が見つからない)場合は、別のコンピューターに接続してみてください。別のコンピューターで問題なく動作することを確認してから、ふたたび元のコンピューターで試してみてください。

 

 

ライセンス付属の音源ソフト「Presonus Studio One 4 Artist」をインストールしたが音が出ない

インストールマニュアル をご参照ください。

 

バンドルソフトのPreSonus Studio One 4 Artist は、iOS(iPadやiPhone)、アンドロイド機器にインストールできますか?

PreSonus Studio One 4 Artistは、Mac、またはPCへインストールしてお使いください。

 

 

 

 

 

Apple「MainStage3」のパールオリジナルテンプレート内「Orchestral Timpani/Chimes」でティンパニ・ダンプニングできる設定の仕方は?

Apple[MainStage3」内のチャンネルストリップ設定を変更します。

詳しい方法はこちら

 

 

 

PreSonus Studio One でフットスイッチを使って音色を変更する設定方法はありますか?

 

詳しい方法はこちら

 

 

Apple Mainstage3 を使ってスプリット(2音色で音域分割)設定する方法は?

 

詳しい方法はこちら

 

メールお問い合わせはこちらから

  • ※メールでのお問い合わせについて
  • ご質問によっては、返信にお時間を頂くする場合がございます。
  • ご質問内容(例:外部音源ソフトの詳しい使用方法など)によっては、弊社から回答することが適切でなく、お答えできない場合もございます。