メイン画像

3月22日の「B→C:バッハからコンテンポラリーヘ」に窪田健志さんが出演します

322日(火)1900~東京オペラシティにて行われる「BC(ビートゥーシー):バッハからコンテンポラリーヘ」に名古屋フィルハーモニー交響楽団の首席ティンパニ・打楽器奏者として活躍されている窪田健志さんが出演します。

公演には、ドラムカスタム工房D-Flavorにて名フィル仕様にカスタムされたセンシトーンプレミアムスネアドラムと、セイビアンアーティザンサスペンドシンバルが使用される予定です。

※使用機材は予告なく変更される可能性があります。何卒ご了承ください。

ソリッドで華やかな1.5㎜ブラスシェルに古代建築を思わせるPatina(緑青)フィニッシュ、

スネアの音をチョークさせないアーチスタイルラグを装備したセンシトーンプレミアムスネアドラム。

さらにD-Flavorによって窪田さんこだわりのカスタマイズが施されています。

詳細は弊社2015打楽器総合カタログにてご確認ください。

また、一流のアーティストに支持され続けているセイビアンシンバルの中でも、特に評価の高いアーティザン・シンバルは抜けの良い高音域を保ちつつ、クラシカルでダークなサウンドも両立させた至高のシリーズです。

公演の詳細はこちらよりご確認いただけます。

http://www.operacity.jp/concert/calendar/detail.php?id=6750

是非、会場でパールスネアドラム、セイビアンシンバルのサウンドに注目してください。