よくあるご質問


時間が経つと音が出なくなるのはなぜ?
プロテクション機能が働いている可能性があります。(プロテクション機能について、の項をご参照ください)
CLIPランプが点きっぱなしになるのはなぜ?
GAIN POTの脚が折れている可能性があります。
LINE OUTノイズが出るのはなぜ?
GND SWをノイズの出ない方に切り替えてください。
LITTLEMARK ROCKER500,LITTLE MARK TUBE,LITTLE MARK TUBE800の真空管は?
6205 です。
エフェクターのソフトウェアーでの操作のやり方は?
SUPER SYNTH等のプリセット操作手順の項をご参照ください)
Little Mark Tube、Acoustic Head、MoMark/S2などの2インプットタイプは同時にさせるか?
同時に使用できます。
スーパーシンセでムーグ的な操作は出来るか?
ソフトウェアーを使用する事により細かい設定は出来ますが、ムーグサウンドを目指しているものではないので同じではありません。
バスポートの前後(Front or Rear)の違いは?
前(Front)は低音を強調、後ろ(Rear)は低音域を逃がしてスッキリとしたサウンドになります。
ジェフバーリンモデル(MINI CMD151P)にはなぜツィーターが付いていないのか?
ジェフバーリン本人がツィーターを必要としていないので付いていない仕様になっています。
DVMARKアンプのバイアス調整は要るのか?
BB120、TR6、L40L34はオートバイアス、G15は固定になっています。
モマークの推奨セットは?
MoMarkは、様々なモジュールを自由に組み入れる事が可能なアンプヘッドです。どんな組み合わせがベストか、Markbass推奨のMoMarkパッケージの各モデルやアーティストの組み合わせ例の詳細につきましては、以下のサイトをご確認ください。
http://www.pearlgakki.com/markbass/momark.html

プロテクション機能について


Markbassのヘッドアンプ及びコンボアンプに関する、熱や電流に対するプロテクション機能の説明書です。
右記の故障点検事項をご確認下さい。 保護機能に関するご説明
<故障点検>

熱からのプロテクション機能に関する症状 → アンプが熱くなるとシャットダウンします。

*可能性の高い症例として:
アンプが不適切な空調(換気)もしくは冷却用ファン・システムのダメージにより高温で使用された場合、大音量によるパーツからの熱の放出などによりシャットダウンされます。 アンプが安全なレベルにクールダウンされた時点で自動的に再スタートいたします。
注意:ファンが正常に機能しているか、そして冷却システムに問題が無いかを確認して下さい。
温度の高くなる場所ではケースから出すなど、熱のこもりにくい対処も必要です。

電流からのプロテクション機能に関する症状  → アンプのスイッチは入りますが、スピーカーからのシグナルはありません。

*可能性の高い症例として:
低いインピーダンス負荷、Markbassアンプの最少負荷は4Ωです。粗悪なスピーカーケーブルを使用している場合。
注意:アンプに接続しているスピーカーの負荷を確認して下さい。スピーカーケーブルを確認して下さい。そして、アンプの電源を切ってからもう一度電源を入れて下さい。

キャビネットについて(マッチング例/おススメのセット)


キャビネットのマッチング例やおススメのセットは?
スピーカーキャビネット接続マニュアル
おススメ のマッチング例(スタジオやライヴハウスに最適な例です)
例)
・Little Mark Rocker500 or LittleMark or Big Bang + ST108HR
・Little Mark Rocker500 or LittleMark or Big Bang + ST104HR(8Ω)+ ST151HR
・Little Mark Rocker500 or LittleMark or Big Bang + ST104HF(8Ω)+ ST102HF
*10”スピーカーはパンチのあるサウンドが特徴です。15”の大口径スピーカーは迫力のある低音域が特徴です。お望みのサウンド傾向やお使い頂く環境を考慮し、様々なマッチングパターン(組み合わせ)より選択してください。
Markbassキャビネット・ラインナップ http://www.pearlgakki.com/markbass/cabinets.html
Markbassの既存モデルのキャビネットは、インピーダンスが8Ωまたは4Ωとなります。
8Ω仕様のキャビネット×1台との接続= トータルインピーダンス8Ω (正)
8Ω仕様のキャビネット×2台との接続=トータルインピーダンス 4Ω (正)
4Ω仕様のキャビネット×2台との接続=トータルインピーダンス 2Ω (不可)
*トータルインピーダンスが4Ω以下の場合は接続できません。
Markbass スピーカーキャビネット背面図
DV MARK スピーカーキャビネット背面図

SUPER SYNTH等のプリセット操作手順





Markbass


DV MARK