メイン画像

2020年度パール打楽器総合カタログ(Pearl Concert Percussion & Marching Percussion Catalog 2020)がリリースされました!

2020年度パール打楽器総合カタログ(Pearl Concert Percussion & Marching Percussion Catalog 2020)がリリースされました!

 

このカタログは新製品を追加したり内容を少しずつ変えて毎年4月にリリースされますが、今回もいくつかのページで改訂を行っています。今回、その中で主なところをいくつか紹介いたします。

 

PDF版はこちらから

パール打楽器総合カタログ 2020

 

  • 【表紙】
  • 近年、パール打楽器総合カタログの表紙デザインは毎年改訂していますが、今年はコンサートスネアドラムの代表的なモデルをフィーチャーしました。撮影に使用したのはフィルハーモニックシリーズの深さ5インチ、5.5インチのタイプとコンサートシリーズ”メイプル”で、今回はこの”V字”に並べた構図が採用されました。

 

 

【アーティストページ】

今回の2020年カタログで新たにパールアーティスト(国内)が1名加わりました。マーチングアーティストの森 匠勲(もり なるひろ)氏で、彼と初めてお会いしたのはアメリカ・インディアナポリスで毎年8月に開催されるDCIファイナルが行われる会場近く、各ドラムコーがウォーミングアップを行う公園でした。その後のDCIそしてWGIでそれぞれチャンピオンを獲得する快挙を経て帰国後、ついにパールアーティストとしてカタログ掲載させていただくことが叶いました。

また、このアーティストページ右側には目次も掲載されていますが、 今回、過去最多ページとなる全106ページの充実した冊子となりました。

 

 

【コンサートスネア】

2020年の代表的な新製品がここに掲載したスネアドラム2機種となります。詳しくはこちらから。

この2機種は海外で先行販売し、すでに人気を得ていたモデル(PHP1450)と、一昨年~昨年あたりに発表された新製品(PHP1325)が、ようやく安定供給されることになり、晴れて国内でも発売となりました。

また昨年に続き、神奈川フィルハーモニー管弦楽団 打楽器奏者 平尾信幸氏に監修いただき、モデル別に代表的な吹奏楽曲およびオーケストラ楽曲の対応リストも掲載していますので併せてご活用いただけますと幸いです。

 

 

【スネアスタンド】

スネアスタンドは1機種、新製品を採用しました。「S-53SL」は軽量で仕舞寸法もコンパクトなことが特徴です。昨年までの「S-53SLN-14N」は軽量さ、コンパクトさが同じく「売り」でしたが、打面を低くできるスタンドが要望されていましたので、より低くセッティングできるように仕様を変えた今回の新しい機種に入れ替わりました。

 

 

【コンサートトム 4点セット】

今回、初企画としてコンサートトムの最もポピュラーなシリーズ&サイズ(マホガニー:PTAダブルヘッド:10″,12″,14″,16″)4台をピックアップして、さらにスタンドもパッケージし、お値打ちな価格に設定した「セット」を組んでみました。チューニングも決まりやすい偶数インチの組み合わせです。

 

 

【マーチングページ:チャンピオンシップシリーズ】

久々にトップページがリニューアルされ、パールチャンピオンシップ・マーチングドラムをはじめとする、パール取扱い製品を使っていただいている国内外のマーチング団体様を紹介するページも再開しました。掲載に当たり、画像ご提供などご協力いただいた団体様にはあらためて感謝申し上げます。

さて今回、チャンピオンシップ3シリーズのマーチングタム(テナードラム)をモデルチェンジし、よりプレイしやすい仕様となりましたので、そちらを画像やイメージイラストを使ってPRしています。具体的には、国内で主流のサイズ(クオードタムが8″,10″,12″,13″、以下8023モデル)のバックバーの仕様を変更し、より自然なフォームでプレイできるデザインとなりました。さらに、6”スポックもバックバーから距離を保ったセッティングができるよう、タムマウントアタッチメント(BBS-6S/B)が標準装備となりました。もちろん従来と同じの、スポックをバックバーに直付けにして、クオードタムと併せて、全体的に楽器を奏者に近づけたセッティングも可能です。その上、8インチタムが6テンション(偶数)になった点も大きな変更かと思います。チューニングの安定性向上とか、そもそも倍音の整理のための調整作業もかなり楽になったと思います。

この新しい8023モデルは特注仕様としてすでにいくつかの団体で使っていただいていますが、演奏しやすいと非常に好評です。ただ1点、今回のバックバー新仕様により多くの場合で奏者から距離を取ったセッティングを採用される団体様が多いと思いますが、当然、奏者が感じる演奏しやすさと重量感とのバランスにもご配慮の上、組み上げていただく必要もございますので、あらかじめご承知置きいただければと思います。

 

 

【マーチング・ジュニアシリーズ】

マーチング・ジュニアシリーズのページも今回、前年の1ページ掲載から2ページに増量となりました。製品自体は大きく変わったところはありませんが、一つひとつの製品画像を大きく取り上げて、見やすいレイアウトに変更しました。また可愛いルックスを演出できる「アーティザンⅡ」シリーズも、先のマーチング全国大会ブースで展示した際に人気が高かった、シンプルなデザインのモデルを中心にレイアウトを変えて、さらにジュニアを対象としたキャリアやスタンド、アクセサリー関係も同一ページにまとめました。

★製品紹介ブログはこちら

 

以上、パール製品を中心に、当カタログでリニューアルされたページの主なところをご紹介いたしました。

輸入ブランド(ADAMS、SABIAN、REMO、VIC-FIRTH、Keith McMillenなど)ページも同様に今後ご紹介したいと思います。

 

ぜひこの機会にお時間がございましたら、2020年版PDF版パール打楽器総合カタログをご一読いただけますと制作スタッフ一同大変うれしいです!

 

2020年度パール打楽器総合カタログ(PDF版)