メイン画像

フルートのお手入れ
~組み立てからセッティング、掃除、しまい方~

フルートのお手入れ

~組み立てからセッティング、掃除、しまい方~

 

「フルートをはじめるけれども何をどう組み立てればいいのかわからない!」

「フルートのお手入れってこれであっているの?」

「今さら恥ずかしくて聞けない!」

 

パールフルートが推奨するフルートのお手入れを

楽器の組み立て方からお掃除まで紹介していきます♪

 

 

ー組み立てー

 

①平らな所にケースを置き、フルートケースカバーを開けましょう。

 

②ケースカバーからケースを取り出して蓋を開けましょう。

蓋は金具を左右に動かすと開く仕組みになっています。

 

③いよいよ組み立てです。足部管と胴部管を組み立てます。

足部管を左手、胴部管を右手で持ち、

平行にしてから組み立てます。

 

このとき、キーのついているところはなるべく握らないようにしてください

 力を加えると歪んだり、調整が合わなくなってしまったりすることがあります。

右手小指のキーの真ん中に足部管のポストがくるようにセッティングしてください。

 

④頭部管と胴足部管を組み立てます。

頭部管の歌口と胴部管の左手人差し指の上のキー(Cis押さえ)が真っ直ぐになるようにセッティングします。

 

⑤練習スタート!

 

 

ー掃除ー

 

①まずはケースの中にしまいます。

 

②ガーゼと掃除棒を準備しましょう。

 

③掃除棒にガーゼを通します

くるくると掃除棒にガーゼを巻き付けます。

巻き付け終わったら、掃除棒の先端からガーゼを折ります。

巻き付けずに折り返してしまうと掃除棒の先端が楽器に当たって

傷付けてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

 

④頭部管内をキレイにしましょう。

 

⑤胴部管内、足部管内をキレイにしましょう。

まずは胴部管から。

管の中は一方通行です。

掃除棒を奥まで入れてください。

 押し込むと反対側からガーゼが見えてきますので、

棒を引っ張り出しましょう。

次は足部管です。

こちらも同じく一方通行です。

 

⑥クロスを準備しましょう。

 

⑦クロスで管の外側を磨きましょう。

拭くときは必ず、管と並行に拭いてください。

垂直方向は管にキズが付きやすいです。

 

⑧ケースの蓋を閉めましょう。

 

⑨ケースカバーにしまいましょう。

 

 

ー番外編ー

*1時間くらい練習すると、管内に水滴が溜まります。ガーゼを通しましょう。

*楽器をしまう時に、クリーニングペーパーを使いましょう

 キィの間に挟み、軽く2〜3回キィを押しましょう。

この時、挟みながらクリーニングペーパーを動かさないように気を付けてください。

使うことによってタンポが長持ちします。

 

 

 

ー最後にー

フルートを大切に扱っていても、メンテナンスが必要です。

半年に1回は楽器屋さんへ持ち込み、

フルートの調整をしてもらいましょう。