メイン画像

パール・マレットステーションエディターの使い方 ~Bars & Caps (バー & ギャップキャップ)編

タグ:

malletSTATIONをより高度に活用するための編集ソフトウェア

パール・マレットステーションエディターの使い方 ~Bars & Caps (バー & ギャップキャップ)編

 

malletSTATION エディター(ソフトウェアまたはウェブ・エディター)を使うと、malletSTATION 本体の MIDI 設定や、ダンパー/アフタータッチ・モード、プリセット、電源投入時の本体の初期設定などの変更が行えます。

 

pearl-electronics-support  よりダウンロード

 

Bars & Caps、バー & ギャップキャップ 設定画面について、

エディターのBars & Capsセクションでは、オクターブの範囲や最低音、キーボード・スプリット(ゾーン)といった、本体の演奏分部の割り当てがエディットできます。

 

Low Note

malletSTATIONの最低音を、C~Bの範囲で設定します。

 

Octave

malletSTATIONのオクターブを、+/-2オクターブの範囲内で設定します。

 

Gap Caps

編集可能なギャップ・キャップのパラメーターは、以下の通りです。

1. 任意のMIDIノートへの割り当て

2. ギャップ・キャップのレスポンスを調節する様々なベロシティ・カーブ

3. MIDIチャンネル(全てのギャップ・キャップは同じチャンネルを使用します)

4. 全てのギャップ・キャップをオフにする

5. 単体または全てのギャップ・キャップのオン/オフ。(オフの状態からオンの状態に切り替えるには、ギャップ・キャップ用に初期設定されたノート値を使います。)

 

ギャップ・キャップのアサイン方法

1. レイアウト・イメージ上で目的のギャップ・キャップをクリックする

2. Gap Capセクションの“Selected Cap”枠内に表示されたノートを調節する(キーボードの上下の矢印キーを使うと、簡単に調節できます。)

 

Zones

malletSTATIONでは、2つのゾーン(スプリット)を設定できます。

 

ゾーンのアサイン方法

1. エディットするゾーンAまたはBを選択する

2. ゾーンAの終端とゾーンBの始端を選択する

3. それぞれのゾーンのカーブを割り当てる

4. それぞれのゾーンにMIDIチャンネルを割り当てる

 

ゾーンの終端と始端は、バーやキャップの図の上下にあるスライダーを使って設定することもできます。

ゾーンをドラッグして2つのゾーンをオーバーラップさせると、オーバーラップした部分はスプリットではなく、レイヤーになります。

 

パールUSAが制作したマレットステーション・エディターのBars & Caps(バー&ギャップキャップ)編もご覧ください。 ※日本語字幕入り