メイン画像

パール・マレットステーションエディターの使い方 ~PREFERENCES (初期設定)編

タグ:

malletSTATION をより高度に活用するための編集ソフトウェア 

パール・マレットステーションエディターの使い方  ~PREFERENCES (初期設定)編

 

malletSTATION エディター(ソフトウェアまたはウェブ・エディター)を使うと、malletSTATION 本体の MIDI 設定や、ダンパー/アフタータッチ・モード、プリセット、電源投入時の本体の初期設定などの変更が行えます。

 

 

 

※ pearl-electronics-support.com よりダウンロード

 

マレットステーション・エディターは大きく分けて6つのセクションに分かれていますので順に説明してまいります。

・Preferences (初期設定)

・Preset

・Bars & Caps

・Buttons & Faders

・Playability、Globals

・Pedals

 

まず、Preferences、初期設定画面について、

入口は「PRESETS」セクションの下部にある「PREFERENCES」をクリック。

なお、インストール版のエディターでも、FIRMWAREのアップデート時にインターネット接続環境が必要になる場面がありますのでご注意ください。

 

すると下記の画面に変わります。

 

この画面では当Editorのバージョンおよび当FIRMWAREのバージョンが確認できます。

 

さて、Preferences(初期設定)ボタンを押すと、便利な機能の設定が表示されます。

UI SyncやTooltips、自動的に隠れるスライダー・ハンドルのオン/オフによって、エディターの操作性をカスタマイズできます。

 

UI SYNC

UIシンクをオンにすると、malletSTATION本体のボタンやフェーダーを操作すると、エディター上で対応しているセクションが選択されるようになります。

 

TOOLTIPS

初期状態ではオンになっています。malletSTATIONエディター上の個々の機能を説明するポップアップ・メッセージで、オフにすると表示されなくなります。

 

AUTOHIDE SLIDER HANDLES

この設定をオンにすると、選択中のプリセットでゾーンBとゾーンAの範囲を選択するスライダーのハンドルを使用していない時に、ハンドルが自動的に消えるようになります。ハンドルの位置でカーソルを動かすと表示されます。

 

EXPORT USER PRESETS

自分のユーザー・プリセットを他のmalletSTATIONのユーザーに配布したり、他のコンピューターに移し替えたり、バックアップを取ったりする際に使用します。プリセットはjSON形式のファイルとして保存されます。

 

CROSSTALK THRESHOLD

演奏中に特定のノートが発音されにくい現象が起きた場合には、このスレッショルド値を下げてみてください。重いマレットでとりわけ大きな音量で演奏した時に、別のノートの鍵盤がトリガーされてしまうような場合には、このスレッショルド値を上げてください。これは本体全体(グローバルな)設定です。

 

DEVICE RESET

本体を工場出荷時の設定に戻します。

 

UPDATE FIRMWARE

malletSTATIONのファームウェアを更新したり再インストールしたりする際に、このボタンを使用します。(インターネット接続環境で行ってください)

操作例 (web EDITOR版)

 

パールUSAが制作したマレットステーション・エディターのPREFERENCES (初期設定)編もご覧ください。