メイン画像

SABIAN Cymbals Munetaka Higuchi Signature Model “Lightning Strikes”
~限定発売~

SABIAN Cymbals

Munetaka Higuchi Signature Model

“Lightning Strikes”   =限定発売=

 

 

樋口宗孝と共同制作してきた “幻”のシンバルを、今、現実に、、、、。

“雷のような衝撃的な音”がするシンバルが欲しい。=樋口宗孝=

 

 

2005年に発売し、瞬く間に完売となった自身のシグネチャースネアドラム“EXHAUST QUAD”。この大ヒットに呼応するかたちとして、“次はシンバルや!”という本人号令のもと、シグネチャーシンバルの開発がスタートしました。当時本人が使用していたシンバルは、SABIANで現存するモデル“AAX METAL”。このサウンドをベースにしながら最強のロックサウンドに仕上げていこう!とそれぞれのアイディアを交換していきました。

 

最初に目を付けた部分がカップ。よりワイルドな倍音を出すことを目的に、レイジングを施さないカップを採用。この仕様は、今となってはSABIAN “HHX”シリーズをはじめ数多くのモデルに採用されておりますが、当時はこの仕様のモデルが少なく、これを本人がいち早く取り入れたところはさすが、先見の明があることを改めて認識させられました。そしてサウンドをよりシャープにすべく、ハンマリングを放射状に打つなどの加工を施すことでファーストサンプルを作成。その後、カップ部以外にもレインジングを施さない箇所を増やしたり、その部分がより黒く見えるようなフィニッシュにしたり、、、。そのサンプル製造と確認を幾度か繰り返し、2006年のLOUDNESS 25th Anniversary Liveに向け制作は進行していきました。

 

製品本体の作成と同時進行で行われていたのが、このモデルのネーミングとマークデザイン。本人が求めていたサウンドが、“雷のような衝撃的な音”ということで最初のモデル名候補は “雷音”(らいおん)でした。そこから、関連性のあるものとして、LOUDNESSのアルバム“SHADOWS OF WAR”の海外向けリミックス・ヴァージョンのタイトル“Lightning Strikes” との同名に決定し、それに伴った稲妻デザインを作成。さらに何か象徴となるものがほしいという意向から、“ライジングサン”と“ハリケーン”をイメージしたマークも作成し、本体にシルバーカラーでプリントしました。このネーミングとデザインは本人も大変気に入っていました。

 

存命していれば今年の12月24日で60歳。彼の若かりし頃から応援してきた、いわゆる“リアルタイム”世代に向け、世に出せなかったこのモデルをなんとかかたちに残しておきたいという想いから、ご親族の了承をとりつつ、SABIAN社に製造可否の確認をしたところ、“当時の設計データは全て保管しているので製造可能。”との連絡がきたため、今回発売に踏み切りました。

 

このモデルは、2006年LOUDNESS 25th Anniversary Liveに向けて完成させたサンプルを基に作られております。本人はこのサウンドに満足しながらも、更なる探究心から、 “見た目をもっとピカピカにできないか?”、“厚みを変えたらどうなる?”、“ライドシンバルはもっとワイルドに!”、“一般的なサイズのラインナップもさせたい”、といった要望がありながらも志半ばとなってしまいました。よって “Signature Model”としては完全ではございませんが、生前本人が求めていたシンバルサウンドのゴールに最も近く、当時現存するモデルの中ではこれがベストであったことは間違いありません。

 


 

<ラインナップ>


●China Splash

エスニックなサウンドながらもクセがなく、オールジャンルで使えるイフェクトシンバル。本人はスタックスシンバルとして、12″スプラッシュの上に薄いフェルトをはさみ10″,8″の順で上に重ねて使用。

 

C.L = 8″ (SLS-8CSP-B) \ 24,000(税抜)

B.K = 10″(SLS-10CSP-B)¥27,000(税抜)


●Splash

しっかりとした存在感ながら、まとまりのある使い勝手のよいスプラッシュ

 

A.J.G = 12″ (SLS-12SP-B) \ 30,000(税抜)


●Hi-Hats

ノーマルな14”サイズよりも、ダークで重厚なサウンドを求めた意欲的なハイハット。比較的ローピッチの為、意外に“歌モノ”のバックとしても効果を発揮。

 

E = 15″ Top (SLS-15THH-B) \ 39,000(税抜)

E = 15″ Bottom (SLS-15BHH-B) \ 39,000(税抜)


●Crash

へヴィロック対応の、“鳴らしきった”時はまさに“硬派”なサウンドが得られる大口径モデル。

 

F.N = 20″ (SLS-20CS-B) ¥ 60,000(税抜)

D.H = 21″ (SLS-21CS-B) ¥ 64,000(税抜)


●Ride

本人がこだわった“ビッグベル”加工を施した代名詞的アイテム。存在感抜群のベルサウンドはもちろん、粒立ちのよいライドエリア、そして独特なクラッシュサウンドが特長。

 

I = 23″ (SLS-23R-B) \ 83,000(税抜)


●Chinese

サウンドもヴィジュアルも強烈な存在感。“Lightning Strikes”を象徴する、まさに“雷鳴”のような衝撃サウンド。

 

M = 24″ (SLS-24C-B) ¥ 86,000(税抜)


 

< ご購入特典 >

●すべてのアイテムには Lightning Strikes” 特製T シャツ & 特製ステッカー付

 

更に、23” Ride & 24″ Chineseには SABIAN社製の収納ケース付


 

<Complete Set>

”Lightning Strikes”シンバル、全モデルをパッケージ(各モデル1枚)した一括購入セット 。

内容:8″&10″ China Splash / 12″ Splash / 15″ Hi-Hats / 20″&21″Crash / 23″ Ride / 24″ Chinese 各1枚)

 

 セット品番:SLS‐COMP/2018

 定価:\ 430,000(税抜)

 

 

<コンプリートセットのご購入特典>

● Lightning Strikes特製T シャツ & 特製ステッカー付

 

 

●更に、SABIAN社製キャリーケース付

 

 


幸いプロトタイプのクラッシュとハイハットを入手する事ができ、数年使ってきた僕でも、一式揃うとあまりの気持ちよさに、試奏しながら笑顔になって、「これメッチャ気持ちええな~!」と声が出てしまいました。“Lightning strikes”というネーミングがピッタリな迫力です。”AAX METAL”がベースになって考えられましたが、完全に別物に進化していて、ひぐっつぁんが目指していた強力さが、どのシンバルからも感じられ、すごく感慨深いです。ライドはいろいろな使い方をするので、1枚ですべてをクリアするのがすごく難しいところ、刻みの明確さ、カップ音の渇いた感じなど、どれも素晴らしいです。ひぐっつぁんは、ここぞという時にライドをクラッシュとして使うため、クラッシュとして使うと、ほんの少しだけ厚みからくる“カーン”という音の成分を感じるので、たとえばエッジだけでも、わずかに厚みが少なかったら完璧に“グシャーン”と鳴ってくれたのではと感じましたが、1枚のライドでよくここまで仕上がったと思います。ロックドラマーはもちろん、デカいサイズのシンバルに興味がある方に、完璧におすすめできるシンバルです。ひぐっつぁんは、自分が叩く事ができないかわりに、みなさんが気に入って使いまくってくれる事を望んでいる事と思いますし、『ほらみてみ~、俺の言った通りやったやろ~』って言って笑ってる姿が目に浮かびます。~加藤剛志~

 

★加藤剛志プロフィール★

1988年「Replica」で日本コロムビアからメジャーデビュー。現在は、LOUDNESSの二井原実、山下昌良、ギタリストの横関敦と共に「Rock Jam The Night Beast」で活動する他、ロックヴァイオリニストとのコラボレーションや、サポートドラマーといても活動中。樋口宗孝の愛弟子で、プ
レイスタイルを最も継承しており、師匠直伝の貴重なビジョンを継承してほしいという希望に応えて、ドラムレッスンを行っている。

 

僕は事務所の先輩後輩として出会って、師匠と弟子という関係で、お付き合いいただいたので、アシスタント期間はありませんでした。僕がアシスタントの手伝いをしようとしても、「お前はアシスタントじゃないんやから手伝うな。」と言うほど厳格でしたので、ひぐっつぁんの実家に、白のドラムセットとシンバルを磨きに行っている今が、僕のアシスタント期間かもしれませんね。今年の命日に行った時、完成した“Lightning Striks”を、ひぐっつぁんの部屋にセットして、届ける事ができました。

 

クラッシュシンバル20インチ、ライド23インチ、チャイナ24インチとまずその大きさにビビりますが、意外にも叩いてみると大きさを感じさせない素直なアクションです。その厚さからか高めのピッチでキレイに心地よく鳴り響きますね。立ち上がりが良く短めのサスティーンは大音量のロック、特にライブでは抜群の存在感を出してくれるのではないでしょうか?LIGHTNING STRIKESがあれば「CRAZY DOCTOR」のように1枚のクラッシュシンバルを連続して叩いたり、ライドシンバルをクラッシュ代わりに使ったり、カップで特徴的なリズムを叩いたりする樋口ドラミングを完全に再現出来ます!それでいて優しく叩くとそれにも応えてくれる懐の深さもあるので、様々なシーン、例えばバラードなどでもドラマーの感情を上手く表現してくれると思います。とんがっているようで、付き合ってみると意外と良い奴だった的というか(笑)、仲良くなったらいつまでもドラムを叩いていたくなるようなシンバルですね。~村上くんくん真人~

 

★村上”くんくん”真人プロフィール★
1991年の11月、第三期LOUDNESS創成期から5年にわたりローディをつとめる。LOUDNESS「LOUDNESS」、SLY「$£¥」「DREAMS OF DUST」 「KEY」 、「樋口宗孝 with dream castle 〜 free world」に関わる全てのツアー、レコーディングに参加。現在は東京・浅草橋で「村上鍼灸院」を経営する傍ら元CRAZE緒方豊和のバンド「tubTRaCK」にドラマーとして参加。LOUDNESSのライブではメンバーの身体のメンテナンスも行っている。

 


タフで太く、大口径特有の余分な倍音を抑えてくれるシンバルだと感じます。シンバル1枚づつの分離も良く、ミッドレンジのアタックと奥行きのある響きが、目に見えるような存在感があります。Lightning Strikesはサウンドもルックスも世界に誇れる強烈なロックシンバルだと思います!~山内康雄~

 

★山内康雄プロフィール★

1995年~1998年に樋口氏が在籍していたSLY、LAZY、LOUDNESS等でドラムアシスタントを3年間務める。1999年に樋口プロデュースのバンド「Masha」のドラマーとしてデビュー。その後はサポートドラマーとして、acid android、BINECKS、影山ヒロノブ、LAZY、ブリザード、Waive、寿美菜子(スフィア)他、幅広いジャンルで活動中。