メイン画像

鶴谷智生’s Masterworks

 

鶴谷智生’s Masterworks

「全てのドラムに黄金比サイズを採用した斬新なドラムセット」

古代ギリシャから伝わり、パルテノン神殿の設計やストラディバリウスのfホールなどで採用され、あらゆるものの最も美しい比率として広く知られる黄金比(Golden Ratio=1.618 : 1)を空気穴位置に加え、口径:深さまでもそのサイズで設定した斬新なドラムセット。シェル素材も考え抜いた結果、等厚材を採用した6プライメイプル(5.4mm)に薄めの2プライのマホガニーレインフォースメントを施している。

 

 

Specs

・等厚6ply(5.4mm) メイプルシェル w/2ply(1.8mm) マホガニーレインフォースメント)
・スタンダード45°ベアリングエッジ
・マスターキャストフープ
・クラシック・ラグ(CL)

※黄金比サイズ
TT:10”x6.2” / 12”x7.4” / 13”x8” / 14”x8.7” / 15”x9.3” / 16”x9.9”
BD:18”x11.1” / 24”x14.8”

 

鶴谷智生’s Check!!

「当時カーボンプライメイプルのシリーズで採用されていた、等厚材を使ったセットを作りたいと思ったのがきっかけ。奇しくもマスターワークスの打ち出したコンセプトと符号したのが追い風となった。 同時に黄金比のアイデアも活発に研究されていたので、即反映させた。結果的に最高位バランスの浅胴セットが完成し非常に満足している。

ドラマー/演奏の向かう方向性とマスターワークスの進化は夫唱婦随の如くであり、頼もしい限りである。」

 

■Masterworksウェブサイトに戻る

(Masterworksウェブサイトはただいま公開準備中です)