メイン画像

真矢(LUNA SEA)ドラムセット

真矢(LUNA SEA)の最新セットはこちら

 

<Custom Made Acrylic Shells >

 

前代未聞の「オールコパー」によるドラムセットを製作し、一つの理想を実現した真矢だが、更なる探究心により行き着いた素材がこのアクリル。常に新しいものを求める真矢と、1970年代にはアクリルドラム「クリスタル・ビート」を製品化し、ちょうどアクリルドラムの再製造・販売に向けて始動していたパールとがうまく合致し、フルオーダーメイドで完成したのがこのセットだ。パール本社で入念にセットアップが行われ、2014年5月29日の25th ANNIVERSARY LIVE -The Unfinished MOON -(代々木第一体育館)で初披露された。シースルー・ピンクを選んだのも真矢のアイデアで、ライブでは抜群の存在感を発揮する。自身のプレイスタイルにアクリルが非常に合致したようで、「実は今までで一番いい音がするセットだと思っている」とライブだけではなくレコーディングでも愛用しているとのこと。2015年のLUNATIC FEST.ではDrumliteによる電飾が施され、更に存在感が増した。2017年には、このセットをベースにした「グリーン」カラーのニューセットも製作した。

 

 

SPECS(*DATA:2015.5.29)
Drum Kit
アクリル0808T/G
アクリル1008T/G
アクリル1208T/G
アクリル1414F/G
アクリル1616F/G
アクリル2218BX/G
SY1455G ”KAMINARI”

 

SABIAN CYMBALS
A, B8P 14″ Hats
B, B8P 18″ O-ZONE Crash
C, APX Prototype Bell 8″
D, B8P 18″ Medium Crash
E, B8P 18″ Chinese
F, B8 10″ China Splash w/Sizzle
G, B8P 18″ Chinese
H, B8P 20″ Rock Ride
I, B8P 18″ Rock Crash
J, B8P 18″ Chinese

 

 

*Photo:2016/12/24

 

 

<Masters Premium Legend “MPL”>

2013年のZEPP TOURから使用されたMasters Premium Legendのセット。
1バス・3タム・2フロアの構成。ドラムシェル(胴)は薄め(等厚)のメイプル材6プライで、現在のMasters Maple Completeシリーズに相当する。空をイメージした淡いブルーのフィニッシュに、真矢の知人の職人による美しいペガサスや虹のイラストが描かれている。サウンドの特徴は薄めのシェルによる豊かな低音域を持ち、アルバム「A WILL」でも本シリーズのサウンドを堪能することができる。
真矢のこだわりはセッティングにも表れており、ハイタムからフロアタムへなだらかな高低差がつけられている。また、シンバルスタンドは中間パイプ部を延ばさずに使用することで、シンバルサウンドがより良くなるとのこと。
バスドラムのフロント・ヘッドにはゴルフを楽しむ真矢の姿も描かれている。

 

SPECS(*DATA:2012.12.14)
Drum Kit
MPL0808T/C
MPL1008T/C
MPL1208T/C
MPL1414F/C
MPL1616F/C
MPL2218BX/C
SY1455G ”KAMINARI”

 

SABIAN CYMBALS

A, APX 14″Solid Hats
B. APX 19.5″  Prototype Aero Crash
C. APX Prototype Bell 8″
D. APX 18″ Solid Crash
E. APX 18″ Chinese
F. APX 10.5″ China Splash
G. APX 18″ Chinese
H. APX 20″ Ride
I. APX 18″ Solid Crash w/Sizzle
J. APX 18″ Chinese

 

 

 

 

*Photo:2012/12/14

 

※写真撮影日とスペック確認日が異なる場合、写真とスペック表に相違が出る場合がございますことをご了承願います。