okamuさんのBASS MULTIAMP(ベース・マルチアンプ) レポートです!

okamuさんのBASS MULTIAMP(ベース・マルチアンプ) レポートです!

BASS MULTIAMPを日本国内で誰よりも早く所有し、ご自身のライブやレコーディングでベース・マルチアンプを愛用して頂いているベーシスト okamuさんが、BASS MULTIAMPの特徴を解りやすくレポートしてくださいました。okamuさん、ありがとうございます。

okamu :
「このBASS MULTIAMPは去年の春頃からずっとライブとレコーディングで使わせて頂いています。
使い始めるきっかけは、ちょうど新しいヘッドアンプを購入しようと考えていて、色々試してみた中でMarkbassが一番しっくりきたので、どの機種が良いのかPearl楽器さんに相談し、試奏させて貰いに行きました。

*画像はクリックすると拡大します。

パールさんの試奏室にはずらーっとアンプが並んでいて、片っ端から試奏させて頂きました。その中にBASS MULTIAMPもあり、このモデルだけアンプシミュレーターなので、便利そうではあるけど音質とかって他の物と比べてどうなんだろう?と思ったのですが、実際鳴らしてみるとその差が全くわかりませんでした(笑)

本当に良く出来ていて、かつそこにずらーっと並んでいるアンプ全てのシミュレートが入っていて(更に他のアンプシミュレートも沢山入っています)、とにかくどれも音質が素晴らしい。

もう一目惚れで即決でした。

使い方もシンプルで、まだその時は一般発売前で説明書も日本語の物が無い状態だったのですが、アンプシミュレーター初心者の私でも直感で使えてしまいました。なのでアンプシミュレーターは設定とかめんどくさそうだな。とかデジタルは苦手だ。と思っている方にも苦労無く使えると思います。

アンプの種類も素晴らしい物が沢山入っているのですが、エフェクターも沢山入っています。そしてこれまたどれもとても優秀。設定もこれまた簡単かつパラメーターもとても見やすいです。
最近は基本的にはBASS MULTIAMP内蔵のエフェクターだけ使っています。
なのでライブ中の足元もMIDIコントローラーだけでとってもすっきりです。

そしてDIアウトも優秀です。今までライブやレコーディングはアンプの他にDIも持ち込んだりしていたのですが、BASS MULTIAMPを使うようになってからはアンプ裏のDiアウトからラインをとってもらっています。

軽い所もさすがのMarkbassです。女性でも楽々運べる軽さです。
これはMarkbassの製品全てに言えますね。
キャビネットもMarkbassの物を使わせていただいているのですが、今までいつ腰を痛めてもおかしくないくらいだったのにMarkbassのキャビネットは一人で余裕で持てます。あ、脱線しました。

とにかくBASS MULTIAMPにはとても満足しています。
これ1台あればなんでも出来ます。
エフェクターを重い思いして沢山持っていかなくても、アンプを色々試すために何台も持って行かなくても大丈夫です。勿論肝心の音質も最高な所が、魅力ですね。
是非一度、BASS MULTIAMPに触れてみてください」

okamuさんwebサイト(プロフィール):  http://ameblo.jp/takasixx/ / https://twitter.com/okamu_xix

Markbass BASS MULTIAMP: http://www.pearlgakki.com/markbass/BASS_MULTIAMP.php

facebook : https://www.facebook.com/pearl.music.importbrands/