Markbass クリニック feat.人時(黒夢)レポート!

Markbass クリニック feat.人時(黒夢)レポート!

黒夢のベーシスト 人時さんをお招きし、8月13日にミュージックランドKEY京都店様で開催しましたMarkbass ベースアンプ・クリニック、たくさんのお客様にご来場頂きました。ありがとうございます!

昨年よりライヴやレコーディングでMarkbassを愛用頂いている人時さんは、ピュアでストレートなサウンドが気に入ってマークベースを選択。ハイエンド仕様のモマーク・ヘッドをセレクトし、こだわりのEQセッティングや音づくりまでを惜しみなく解説。
Standard104HF & Traveler102Pキャビネットは、10”スピーカー×6発が自分にとって適正なサイズであることやパンチの効いたサウンド、また運搬の利便性やセパレートとしても使える点など、これをセレクトしたポイントを解りやすく語って頂きました。また、足元にはMB7 Distorsore、Compresore、新たに導入したSuper Synthをセットアップ。お気に入りのポイントやそれぞれの特徴、サウンドを聴かせて頂きました。


お客様とのQ&Aコーナーでも人時さんならではの観点で丁寧にアドバイス。エキサイティングなデモンストレーションも披露頂き、久々のセミナーとは思えないほど、とっても充実したクリニック内容でした。
終演後は人時さんにご協力頂き、関連商品ご購入のお客様を対象としたサイン会や撮影会まで。エフェクターやTシャツなど、ご購入頂きましたたくさんのお客様、ありがとうございました。
また次回、このような機会を設けて実現できればと思っております。ご来場頂きましたお客様、主催ご協力頂きましたミュージックランドKEY京都店の伊藤店長、スタッフの皆様、そして人時さん、ありがとうございました。
http://www.musicland.co.jp/content/006/140813-hitoki-markbass-clinic/

下記の写真左から、MB7 Distorsore、Super Synth、Compressore 。

最後は、ミュージックランドKEYのスタッフの皆様と、店頭のマークベース・コーナーで記念撮影。

お疲れ様でした!

Markbass製品 詳細ページはコチラ ⇒ http://www.pearlgakki.com/markbass/index.php