メイン画像

バスフルートの接続時についての注意点です。

 パール・バスフルートをお持ちの方へ

 

 頭部管と胴部管の接続時の注意点についてご説明いたします。

 

 よく接続の際に管同士が噛んでしまい、スムーズに入らないというケースがあります・・・

 持ち方や、取扱い方を間違えてしまうと抜けなくなってしまう場合もありますのでお気をつけ下さい!

 

 そうならない為に、下記をご覧ください。 (^-^)

×悪い例
この部分を持つ方が多いのではと思いますが、できればこの部分は持たないでください。

この部分を持つ方が多いのではと思いますが、できればこの部分は持たないでください。

←この部分をもってしまうと、このように頭部管の接続も傾いてしまいます。
←また、このように頭部管をもってしまうと胴部管等にも傷がついてしまいます。
○良い例
この部分をもってください。
この部分をもってください。

このように抜き差しするようにしてください。
このように抜き差しするようにしてください。

youtube動画でも解説しています!

「バスフルートでこれだけはご注意を。」(下記画像をクリック)