岩見玲奈さんのランチタイムコンサートが12/22(木)にトッパンホールにて行われます!

ザルツブルク・国際マリンバコンクールや日本管打楽器コンクールで優勝を果たすなど、

高い評価を受けている岩見さん。

その岩見さんのコンサートが12/22(木)にトッパンホールで行われます!

使用されるのはADAMSアーティストクラシック。素材を生かした美しい天然木目調の仕上げと機能性で最も高い人気を誇るシリーズです。

その暖かく豊かなサウンドは様々なアーティストにも愛されています。

その他にはADAMSティンパニも登場する予定です(使用機材は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

贅沢なお昼のひと時となりそうですね!

公演情報はこちらよりご確認ください。

「第九」特別演奏会に三上先生が出演します!

2016年12月18日(日)東京エレクトロンホール宮城で行われる「第九」特別演奏会に三上先生が出演します。

使用されるのはもちろんSABIAN!今回のチョイスはアーティザンシンフォニック ミディアムライトの16インチ。

三上先生からはこんなコメントが届いています。

「今年も年末の「第九」の季節がやって来ました。

今回使用するシンバルはアーティザン・シンフォニック16インチ・ミディアムライト。 この楽器は16インチでも18インチのサウンドを作れる《スーパーシンバル》

私はこの16インチの《スーパーシンバル》で「第九」を演奏します。

今年もプレミアムをはじめアーティザンに本当にお世話になりました。」

他にも見どころを伺ったところ、今年の仙台フィルの指揮者、日本の重鎮・小泉和裕氏の指揮にも注目との事でした!

是非SABIANシンバルの彩る「第九」を会場でご堪能ください。

公演情報はこちら

仙台フィルの第305回定期演奏会に三上先生が出演します!

11/19(土)に行われる仙台フィルハーモニー管弦楽団の第305回定期演奏会。

この公演に三上先生が出演します!

使用楽器はもちろんアーティザン!

使用する楽曲について三上先生からこんなコメントが届いています。

「今回の仙台フィル定期演奏会で演奏するのはショスタコヴィチの交響曲第10番。この曲の物凄い密度と音圧のカーテンをしっかりと突き抜けるシンバルは勿論プレミアムをはじめとするアーティザンです。

特に大音量の中の一発を決めるのは20インチのミディアムへヴィー。このシンバルはショスタコヴィチの第5・第10番交響曲には必需楽器だと思います。

揃えておいて良かった!オーケストラの音圧を突き抜けるセイビアン・サウンドを是非聴きにいらして下さい。」

コメントの中でも言及されているミディアムへヴィーというウエイトと20インチの口径から放たれるまさに突き抜けるようなサウンドを是非会場でご堪能ください。アーティザンシリーズはその他にも16インチミディアムライトも登場しますのでそのサウンドの違いにも注目です!

公演情報の詳細はこちらからご確認ください。

窪田先生の公演『古(いにしえ)からのリズム、そしてウタ -Rhythm from Ancient and Uta-』名古屋公演が行われます

東京・京都と続いてきた窪田先生のコンサートシリーズ『古(いにしえ)からのリズム、そしてウタ -Rhythm from Ancient and Uta-』

11/14(月)には名古屋公演が行われます!

こちらの公演にはPearl コンガ、トムトム バスドラムやSABIAN Artisan サスペンドシンバル 15″、16″、17″、18″、リニューアルされたオーケストラウッドブロック、名フィルモデルSDなどが登場します!

リニューアルされたウッドブロックはホワイトアッシュを採用し、よりはっきりとしたサウンドを発揮。サイズ設定も5つに増えたことで用途に合わせて使い分けが可能です!

Artisanサスペンドは15″~18″の4枚でそれぞれが1インチ違い。その1インチの違いがどのように楽曲に生かされるかが楽しみですね!

そして窪田先生こだわりの名フィルモデルスネアドラム。

トップをファットトーンフープに、そしてスナッピーには2種類のワイヤータイプとコイルタイプをチョイスし幅広い表現に対応します!

是非会場に足を運んでみてください。

詳しくはこちら

【松本律子 マリンバsolo プロジェクト 2016 〜SOUND SCAPE〜】が開催されます。 

昨年の「リツコエレクトロニカ」にてマリンバとコンピューターの打ち込み音楽を制作し、「音」と向き合いそして「音楽」とは何のためにあるのだろうかと根本から考える時間になったという松本さん。

2016年の公演プログラムにはマリー・シェファーの提唱する「サウンドスケープ」の概念を取り入れマリンバの新しい世界をプログラムしたとの事です。

公演に際しこんなコメントを頂きました。
「晴れた日、スタジオの窓を開け放ってマリンバを弾いていると、
鳥、風、砂利、水、車、人や動物の声etcの「音」たちが聞こえてきます。
それらと一緒に音を奏でる心地よさをそのままステージで表現できたらという想いから、「サウンドスケープ」の概念を取り入れ、心から湧きでる内なる音、天体のハーモニーといった超越的に広がる外なる音の両方をマリンバの新しい世界観で表現していきます。

松本さんの世界感を表現するのはご自身所有のADAMSアーティストクラシック。

美しいルックスと高い機能性、そして何よりその豊かな音色から、特に人気のあるモデルです!

是非そのサウンドを会場でチェックしてみてください!

公演情報

【松本律子 マリンバsolo プロジェクト 2016 〜SOUND SCAPE〜】
♪東京公演
日時:2016年11月5日(土)13:00~
場所:代々木の森リブロホール(東京都渋谷区代々木3-35-4 ミネビル1F)
♪相模原公演
日時:2016年11月6日(日)13:00~
場所:メープルホール (神奈川県相模原市中央区千代田2-2-15)
♪福島公演
日時:2016年11月18日(金)18:30~
場所:福島市音楽堂 小ホール(福島県福島市入江町1-1)
*開場は30分前です。

チケット:2,700円(前売り)(当日券3,000円)
チケット取り扱い:株式会社クロスターミュージック 電話:0279-25-7755
お問い合わせ:松本律子マリンバsoloプロジェクト事務局 ritsukomarimba@gmail.com

HP

http://ritsukomarimba.com

弦楽合奏団アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ第20回定期演奏会に川瀬先生が出演します!

2016年10月15日(土)に鴻巣市文化センタークレア鴻巣で行われる、弦楽合奏団アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾの第20回定期演奏会に川瀬先生が出演します。

公演にはパールティンパニ88Hシリーズが登場!

職人のハンドハンマーによって仕上げられるパールの最高級シリーズです。

その上品で味わい深い音楽的な響きをぜひご堪能ください。

●公演情報

【弦楽合奏団アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ第20回定期演奏会】

2016年10月15日(土)15:00〜

コンサートマスター・お話(指揮):齋藤真知亜

曲目

1.モーツァルト:ディヴェルティメントk136

2.ドヴォルザーク:弦楽のためのセレナーデ

3.ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》

http://clea-konosu.com/business/20161015.html

仙台クラシックフェスティバルが開催されます

杜の都仙台の恒例行事・クラシックの祭典、「せんくら」の愛称で親しまれている仙台クラシックフェスティバルが9月30日~10月2日にかけて開催されます。

仙台フィルハーモニー管弦楽団の皆さんもイズミティ21の大ホールでの出演が決定しています。

また、今回は多くの演目で何種類ものセイビアンシンバルが登場します。

担当するのはおなじみの三上先生!三上先生によるシンバルの使い分けにも注目ですね!

使用予定は下記のようになっています。(使用機材は変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください)

9月30日(金)

「ハンガリー舞曲第5番」 「美しく青きドナウ」 →アーティザン・ミディアムライト16インチ

10月1日(土)

ラヴェル「ピアノ協奏曲」 →サスペンド HH ミディアムクラッシュ16インチ

「禿山の一夜」→アーティザンプレミアム18インチ  アーティザン・ミディアムヘヴィ20インチ AAサスペンド20インチ

「火の鳥」→アーティザンプレミアム18インチ  AAサスペンド20インチ

「スターウオーズ組曲」→アーティザンプレミアム18インチ  HHサスペンド16インチ

10月2日(日)

「第九」第4楽章→アーティザンミディアムライト16インチ

リーズナブルな料金で多くのクラシックプログラムを、地下鉄を利用して鑑賞出来る企画となっています。

仙台市内、近郊にお住まいの方はセイビアンサウンドを聞きに訪れてはいかがでしょうか?

公演の詳細はこちらをご確認ください

「仙台オペラ協会第41回公演 ヘンゼルとグレーテル」に三上先生が出演します!

9/3と9/4に行われる「仙台オペラ協会第41回公演  ヘンゼルとグレーテル」に仙台フィルの三上先生が出演します!

出演のご連絡とともに、三上先生から素敵なコメントが届いています。

セイビアンシンバルご愛用の皆さん、吹奏楽コンクールはもう少しで各支部大会が終了する時期となりました。

私も審査員、指導校の付き添い、そして聴衆で多くのコンクールを聴きました。その中で、セイビアンシンバルの芯のある輝かしいサウンドは各演奏にインパクトを与えていました。

多くの団体に普及している事を確認出来て満足しながら仙台へ戻りましたが今度は私の出番、愛用のセイビアン・プレミアムで今月3・4日の仙台オペラ協会「ヘンゼルとグレーテル」を演奏します。

このフンパーディンクの名曲とプレミアムのサウンド(サスペンドHHの16インチを使用)を是非聴きにいらして下さい。

三上先生がこよなく愛するSABIANアーティザンプレミアムやHHサスペンドシンバルのサウンドを是非会場で体感してください!

公演詳細は下記にてご確認ください。

仙台フィル公演情報ページ

仙台オペラ協会公演案内ページ

「古からのリズム、そしてウタ-Rhythm from ancient and Uta-」に窪田先生が出演します。

名古屋フィルハーモニー交響楽団の首席ティンパニ・打楽器奏者として活躍されている窪田先生。

最近ではパール・パーカッションキャンプに講師として参加していただいた事が記憶に新しいですが、今回9/8(木)と9/10(土)に行われる公演、

「古からのリズム、そしてウタ-Rhythm from ancient and Uta-」に出演なさるとの事です。

9/8は東京で窪田先生の公演が見られる貴重な機会です!是非会場に足を運んでみてください!

また、9/10(土)の公演ではSABIANの”アーティザン”サスペンドシンバルが登場する予定です!

1インチずつサイズを変えた3枚のサスペンドシンバルがどのようなサウンドを海だ出すのか注目ですね!

公演詳細は下記よりチェックしてみてください。


9/8()東京公演

9/10()京都公演

加藤訓子さんの公演「PROJECT IX ― PLEIADES」が行われます!

国際的なパーカッショニストとして国内外で活躍する加藤訓子さん。

2016年には、若手プロ・アーティスト育成を目的に、アーティスト・インキュベーション・プロジェクト「inc.」を始動し、

その芸術監督を務めるなどますます活躍の場を広げています。

今回加藤さんが挑むのはクセナキスの大作「プレイアデス」

その緻密な世界が加藤さんによる4楽章各6パート、全24パートの演奏映像とライブサウンドインスタレーションによって表現されます。

魅惑の演奏を是非会場でお楽しみください。

日時:2016年10月29日(土) 開演17:00、10月30日(日) 開演17:00

会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

一般チケット:5000円

ticket@kuniko-kato.net まで

また、今回からinc.プロジェクトの一環としてプレイアデス勉強会が行われます。

意欲ある、若手パーカッショニスト参加者を募集し、約20回の勉強会を重ね、先々のライブを目指してゆくとの事です。

興味のある方は一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

inc.special 勉強会「プレイアデスを学ぶvol.1」

10月29・30日とも15時~

参加費 5000円(当日のライブ鑑賞付き)

年齢は35歳まで。

(*勉強会は申し込みを完了した演奏家のみの参加となり、一般非公開となります。)

お申し込み・お問い合わせ:inc@kuniko-kato.net

お名前、年齢、得意楽器を記載の上、メールをお送りください。

他 kuniko kato arts project inc.のイベント情報は下記URLをご確認ください

www.kuniko-kato.net/ja/inc/

次のページ