豊洲PITで行われたD’ERLANGERのライブでTetsuさんの新ドラムセットが公開されました!

4/22豊洲PITで行われたD’ERLANGERREUNION 10th ANNIVERSARY -薔薇色の激情-」では、Colors Infinityの技術を存分に使用したTetsuさんの巨大ドラムセットが初披露されました。

大迫力の26”ツーバスセットをはじめ、正面にセッティングされたメロディックタム、セット左手側に設置されたキャノンタム、フロアタムに至るまで、Tetsuさんご本人によるデザインが施されていました。

薄めのシェルを採用したReference PUREを基本とし、26”バスドラム、メロディックタム8”10”12”、特注のキャノンタムはすべてReference PUREを基本ベースにしています。フロアタム16”18”のみ厚めのシェルを採用したReferenceを使用していました。輪郭のハッキリとしたアタック感と、他の楽器と合わさった時にもしっかりと抜けていくサウンドが印象的でした!

ドラムセット組み上げの様子はこちらから

気になるメインスネアの内の1台は、数多くのアーティストから絶大な支持を得ている3mm厚のReference Brass 14”x5”のモデルです。(RFB1450

Colors InfinityTetsuさんデザインによるカバリングを巻いたこのスネアドラムは本公演から使用され始め、まるで一音一音が塊のように飛んでくるTetsuさんのパワフルなドラミングを支えていました!

もう一台のメインスネアはお馴染みTetsuさんプロデュースのスネアドラム“Buzz”(FBS1445/B)です。フリーフローティングシステムに組み込んだ1.5mm厚ブラスのこのスネアドラムはサウンド、スペック、ヴィジュアルデザインに至るまでTetsuさんがプロデュースしたこともあり、D’ERLANGERのサウンドに非常にマッチしていながらも抜群の存在感を放っておりました。

本番前の貴重なお時間に、Pearlスタッフと記念のショット。

TetsuさんいつもPearlドラムをご愛用くださってありがとうございます。

今後もD’ERLANGERは各地へのツアーが予定されております。

会場によっては、至近距離で当ドラムセットが見られるチャンスもあるかもしれませんね!

是非ともTetsuさんこだわりのセットを生で体感してみてください!

“Rhythm & Groove Meeting featuring Tomohiro & Eiji from FACT”イベント・レポート!

“Rhythm & Groove Meeting featuring Tomohiro & Eiji from FACT”イベント・レポート!

11/13(金) “Rhythm & Groove Meeting featuring Tomohiro & Eiji from FACT”、GRANDEY BASS TOKYO/Drum Station主催にて、 渋谷のライヴハウスDESEOで開催。たくさんのお客様にご来場頂きました、ありがとうございます!

FACTのリズム隊(Tomohiro & Eiji)による貴重なイベントは、デモ演奏やトークを交えながら終始リラックスしたムードで進行。Eijiさん愛用のドラムキットについて、Tomohiroさん愛用のMoMarkヘッドアンプやSuper Synth、いま最も気になっているというBass Multiampまで、サウンドを聴かせてもらいながら愛機をじっくりと解説。

★画像はクリックすると拡大します。

★画像はクリックすると拡大します。

サウンドづくりのポイントや奏法についてまで、時間いっぱいQ&Aにもしっかりと応えて頂きました。Tomohiroさん& Eijiさんはもちろん、ゲストで登場して頂きましたAdamさんとKazukiさん、FACTメンバー大集合のサポートに感謝です。

主催ご協力頂きましたイケベ楽器のスタッフのみなさま、ありがとうございました。
そして、Tomohiroさん& Eijiさんの今後の活動を楽しみにしています!

FACT最新リリース・ベストアルバム http://factjapan.com/

https://www.facebook.com/pearl.music.importbrands/

Shane Gaalaas Special Drum Seminar 2015
7/3大阪、7/11&20東京、7/24名古屋 終了しました!

Shane Gaalaas Special Drum Seminar 2015 = 7/3大阪、7/11&20東京、7/24名古屋 終了しました!

ご来場頂きました皆様誠にありがとうございました!

今回、シェーンが使用したドラムは“CRYSTAL BEAT”で、前回の仙台/札幌/福岡ではルビーレッドのカラーを使用していましたが、今回は全てウルトラクリアーを使用。(バスドラムに付属の“Drum lite”も目立っていました!)スネアドラムスティックは、自身のシグネチャーモデルをし使用。

7/3の大阪会場は、ESPエンタテインメントの会場で開催!マイナスワンでの演奏、機材解説、Q&Aコーナーなど、バランスのとれた内容で実施。客席も大きめにとったため、ゆとりあるスペースでご覧頂けたかと思います。

7/11 東京会場は“マスタークラス”で、冒頭のロング・ドラムソロ以外は、できる限り来場者の質問に答えるべくQ&A中心の内容で展開。そのレクチャーに熱がこもり、今回のイベントでは最長の2.5時間を記録。超至近距離でシェーンのプレイが見れるのもマスタークラスならでは。

7/20は、今回初の“Drum Performance”と銘打った、ドラムライヴを東京表参道で開催!オールスタンディングでライヴ同様の盛り上がり!!ドラムだけでこれだけ盛り上げることができるのは、やはりシェーンの確実なテクニックとパフォーマンスがあってこそですが、それに応えるオーディエンスの一体感もあって、本人も実力以上のプレイを発揮できたのではないかと思います!

7/24の名古屋会場は、通常のドラムセミナーで、ドラムプレイを合間にはさみながらQ&Aを行う内容。(*機材トラブルもあって、開場時間が大幅に遅れてしまい、今回ご来場頂いた皆様には大変ご迷惑おかけ致しましたことを、ここで改めてお詫びさせて頂きます。)会場は、ドラムを中心に客席を円で囲むレイアウトで、シェーンの本気のプレイを違った角度から見れた方は貴重な経験ではなかったかと思います。

また機会がありましたら、今回のような様々な内容で企画したいと思いますのでその際は是非ご来場ください!(特にドラムライヴは、東京以外の会場での開催要望も多かったので、次回開催の際は改めて企画させて頂ければと思います!!)

3/27(金) Shane Gaalaas Special Drum seminar ~Master Class~in 仙台 終了しました!

3/27(金) Shane Gaalaas Special Drum seminar ~Master Class~in 仙台終了致しました!
ご来場頂きました皆様ありがとうございました!
今回のセミナーは、~マスタークラス~ということで人数を絞った50名限定のセミナーで、トーク中心のできる限りQ&Aコーナーに時間を割いて実施。本人セットはもちろん、参加者用に用意したセットも使って実際のプレイを本人が見ながらレクチャーするなどかなりアットホームな感じで進行していきました!当然イントロ&エンディングには当初の時間を大幅にオーバーするドラムプレイを披露!

★会場のようす。仙台会場では、ドラムはノーマイクの為、“生音”での迫力が体感できたのではないかと思います!

★質問内容により、実際セットを使ってレクチャー。

次回は5/8(金)札幌での開催となり、この会場では、マイナスワンでの曲にあわせたドラムプレイを惜しみもなく披露するため、ライヴ感覚で盛り上がる企画となっておりますが、仙台会場のようなアットホームな感じはそのままにできる限りQ&Aも充実させたいと思っております!また、今回のドラムセミナーツアーの特筆すべき点の一つとして、”Crystal Beat”(=国内初登場!)というアクリルシェルのドラムを使うことで、本人のフットワーク含めた動きが参加者からでもしっかりと見えるということがありますので近郊の方は奮ってご参加下さい。(なおプレミアムチケットのほうは完売となっておりますので、一般チケットでのご参加お待ちしております!)

★今回のセミナーツアー全てに使用する、“Crystal Beat”Drum Kit !!

★脚の動きが正面からでもよく見えるのはアクリルシェルのドラムならでは!

<Shane Gaalaas Special Drum Seminar 2015  詳細はコチラ!>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<最新ソロアルバム情報!!>

ニューアルバム「Bitter Suites from the Red Room」いよいよ発売!
アルバムの発売に合わせ、先行シングルにもなっていた「Silverstrand Sedation」のミュージックビデオが完成しました!
波が打ち寄せる度に深く迷い込む異空間の世界・・・・曲に対するシェーンの世界感が200%表現された傑作です!
Check it out!!

Winter NAMM 2015 「Pearl Booth Movie Report!」

現在、アメリカ・アナハイムで開催中のWinter NAMM 2015

パール・ブース”の様子を現地ムービーレポートにてお届け致します!

2014楽器フェア レポート !

2014楽器フェア レポート !

パールブースの3日間の模様を画像とともにレポートします。
(画像はクリックすると拡大します)

楽器フェアにご来場頂きました皆様、そしてパール楽器のブースにお立ち寄り下さいましたたくさんのお客様、ありがとうございました。東京ビッグサイトに会場を移して大々的に行われました今回の楽器フェア、4万人を超える多くのお客様にご来場頂き、熱気溢れる3日間となりました。パール楽器のブースには、ミラークロームの要塞ドラムセット、ブルーのイルミネーションが映えるHughes & Kettnerギターアンプ、イエローを基調としたブース内にはMarkbassベースアンプとDV MARKギターアンプを一挙に展示。たくさんのお客様に試奏して頂きました。

また、連日パール楽器ブースのイベントスペースではアーティストの方々をゲストにお招きし、トークショーやデモンストレーション・イベントを実施。たくさんのお客様に集まって頂きました。

世界初公開のHughes & Kettnerの新製品 TRIAMP MKⅢを発表した公開セミナー。(製品画像の公開が出来ず申し訳ありません)

2日間に渡ってDV MARKやHughes & Kettnerギターアンプのデモンストレーションを務めて頂きました武良さん、ありがとうございました!

Markbassを愛用して頂いているAldiousのベーシスト サワさん、Hughes & Kettnerのスペシャル・トークショーで大いに盛り上げて頂いたK-A-Zさん、AldiousのYoshiさん&トキさん、ありがとうございました。

Hughes & Kettner社のマーチンさんを交えて記念撮影。イベント後には、ピンクのカバリングが施されたトキさんご本人のCOREBLADEをブース内に展示させて頂きました。

土曜日の最終イベントにはPRINCESS PRINCESSのドラマー 富田京子さんにご登場頂き、ホントにたくさんのお客様が集まって下さいました。

最終日は矢堀孝一さんと武良さんにご登場いただき、DV MARKギターアンプの魅力をたっぷりと、デモンストレーションを交えながら語って頂きました。DV MARKならではの素晴らしいサウンドをご堪能頂けた事と思います。

人気ドラマーの金子ノブアキさんがパールブースに登場。溢れんばかりのたくさんのお客様に集まって頂きました。要塞ドラムセットで記念の一枚。ありがとうございました!

パールブースでの最終イベントには、Markbassを愛用頂いている人気ベーシスト IKUOさんにご登場頂きました。こちらもたくさんのお客様。ベースアンプと一緒に記念撮影。IKUOさん、ありがとうございました。

期間中、多くのアーティストの方々がパールブースに立ち寄ってくださいました。

たくさんのお客様とアーティストの皆様のご協力で大成功となりました2014楽器フェアのパールブース。そして別会場ながら、初めての企画として行ないましたドラム叩き放題のドラムパラダイスもご好評頂きました。ご来場頂きました皆様に、あらためて楽器の魅力をお伝えできたかなと思います。

最新モデルの情報やアーティスト情報などは引き続きパール楽器のホームページやfacebookで随時お伝えして参りますのでチェックしてみてください。
ご来場、誠にありがとうございました!

Pearl楽器 オフィシャル・サイト ⇒ http://www.pearlgakki.com/index.php
Pearl Drums facebook ⇒ https://www.facebook.com/Pearl.Drums.jp
正規取り扱いブランドfacebook ⇒ https://www.facebook.com/pearl.music.importbrands

五十嵐公太 ~Pearl Drums Factory Tour~

2014年6月、日本を代表するドラマー五十嵐公太氏が、パール台湾工場を訪問した際に撮影した、ファクトリーツアーを公開!!

●五十嵐公太 Face Book  
●五十嵐公太 Official Blog

2014/6/1 Drum Station プレゼンツ
シェーン・ガラス・スペシャル・ドラムセミナー・イベントレポート。

2014/6/15 残響record & Drum Station プレゼンツ
山口大吾スペシャルドラムセミナー・イベントレポート。

「KenTスペシャルドラムパフォーマンス&トークセッション」終了!

525日(日)、島村楽器津田沼パルコ店さんにおいて「KenT スペシャルドラムパフォーマンス&トークセッション」が行われました!

天才キッズドラマーとしてTV番組に出演し、日本全国に名前を知られることになったKenTくんも、もう17歳。でも、まだ17歳です

既にPearlアーティストとしての風格さえ漂い始めているKenTくんですが、今回、演奏とトークを交えた人生初のドラムセミナーの開催となりました。

冒頭から圧巻のドラムパフォーマンスで会場は一気に熱くなりました。スーパープレイを至近距離で見ることができるのも、こういったドラムセミナーならではですね。

今回のお客さんはドラマー率も高く、KenTくんと同世代の方たちも多かったと思いますが、その音圧に驚いたのではなかったでしょうか。

実は会場でのサウンドチェックでマイナスワンの音源とのバランスを確認した時に、あまりにKenTくんの音がでかくて、ドラムは急遽ノーマイク、完全生音で行くことに決まったほどでした。

この日、使用されたのはPearlのフラグシップモデルのReference PUREKenTくんによると、普段はトレードマークのピンク色のMasters Premium Legend MPL)シリーズのセットを使用しているので、それに比べて少し暖かく、包み込む感じがする音ということでした。MPLがオールメイプルなのに対して、Reference PUREは大口径のドラムにはメイプルとマホガニーの両方が使用されていて、ベアリングエッジも若干丸い形状なので、そう感じたのかもしれません。

KenTくんは、自分のフルセットを持ち込めない時にはタムだけでも持ち込むそうで、お客さんにも「タムだけでも買ってください!」、とおすすめしていました。自分のドラムサウンドを確立するためには、こういう方法も興味深いですね。

スネアドラムは、今年発表されたばかりのSensiTone Premiumのフォスファーブロンズをチョイス。いつもは特注カラーのウルトラキャスト(キャストアルミシェル)を使っていますが、それよりも明るくオープンな感じがするそうで、すぐに気に入ってくれました。この日からKenTくんの良き相棒が増えたようです。

質疑応答では、シンバルについての質問が多かったように思います。

SABIANアーティストでもあるKenTくんですが、シリーズ名にこだわるのではなくて、好きな音色で選んだほうが良い、という言葉には説得力たっぷり。ドラムと同様にシンバルも大好きとのことで、話している時にはシンバル達への愛情を感じました ドラムラックを使用せずに、アダプター類を駆使してセッティングしている方法も、レンタルスタジオでのリハーサルや、ライブハウスでの対バン形式の多いドラマーの皆さんには参考になったのではないでしょうか。

普段どういう練習をしているか、特に足についての質問もありました。これまで、そんなに大きな壁にぶちあたったことがないというKenTくんですが(うらやましい!)、それでもフットワークのスピードに悩んだ時期はあったそうです。その頃、ちょうどP-3000D(デーモンドライヴ)シリーズが発売され、ペダルを変えることによって乗り越えたとのことです。もちろん地道な練習も続けていたそうですが・・・。

現在は、P-3000C(デーモンチェーン)シリーズも現場によって使い分けているとのことですが、セッティングはフットボードをロングボードにしている以外は、ほとんど初期設定のまま、ということでした。

終始、まだ高校生とは思えない落ち着いた受け答えに感心するばかりのPearlスタッフでした♪

セミナー最後の曲では、高速フットワークを絡めた非常にテクニカルなプレイで締めてくれました。

また近いうちに、どこかの場所でKenTくんのドラムセミナーが開催されるかもしれませんね。その時をお楽しみに!

今後のKenTくんの活動も要チェックです!

https://twitter.com/KenTimanishi

http://sickhead-pinkeye.jimdo.com/

http://sevenlize.com/media/

次のページ